トップ 最新 追記

ドサ日記

いわゆる「日々の活動記録」です。

気が向いた時に気が向いたことを好き勝手に書いていきます。
気が向いたら写真も併せて貼りこみます。
メールで投稿できるようにしたので、今後投稿数が
増えるかもしれませんが、あまり期待しないでください。
ここに書くまでも無いことでしょうが、念のため。
諸般の事柄に関係なく、このページに記載された内容について追実験のような行為をご自身で行われるときは、「Your Own Risk」(自分のやったことの責任は自分でとりましょう)でお願いします。
追実験の結果、Webサーバが吹っ飛んでデータがなくなった、コンデンサが爆発して指や目が吹っ飛んだ、半田付けしててやけどをした、怪しげなガスが発生して中毒を起こした、接続やねじ位置を間違えて機器を壊した、家が燃えてしまった、逮捕された、その他もろもろ、もし問題が発生したとしてもクレームや賠償の請求には一切応じませんことをなにとぞご了承ください。
2003|02|
2004|02|03|05|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|
2007|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|
2013|11|12|
2014|01|11|

2008年02月01日

_ トーンダウン

ニュースのタイトル、「毒餃子事件」はちょっとやり過ぎだろ、と思ったら、すでに「中国製ギョーザ中毒事件」ってな柔らかいタイトルに変わってきてますね。

で、このまま忘れ去られなければいいんですが。。。(苦笑)

もっとも、そうだからと言ってあまりに過熱されるのも困る。日本国内で食べるものが無くなるし、中国などの食品加工工場で働いている人たちの仕事がなくなってしまって、誰も嬉しくない状況が発生してしまうわけですから。。。

_ 130万画素USBカメラ

ちょっと必要になりそうだったので、お試しってことで買ってきたBUFFALO BWC-130H01/BK、Y電機にて特売3,580円。

残念ながら、つないでテストしてみた結果は「使えません」、でした。レンズの精度が悪いらしく、(今回はこれが必須条件である)風景の連続撮影目的で遠景を撮った時に辺縁部がボケてしまって、全く使い物になりません。

改めてちょっと高いものを買ってこようかと思います。レンズとかは、やっぱ値段ほどのもの、って結論になりそうです。

_ 130万画素USBカメラ その2

IMGP3435s IMGP3436s IMGP3437s
IMGP3438s IMGP3439s IMGP3440s

特売カメラ、そのまま「使えねー」とお蔵入りさせるのは癪だなと思いながら、なんとなくレンズ部分(ピント調整のため回せるようになっている)を回していたら、当たり前ですがポロリと抜け落ちました。で、子細に観察すると、、、面白いものを発見。レンズの鏡筒部後端に赤外線阻止フィルタと思しき1枚の小さくて薄いガラスが。。。
えぇ、もちろんサックリ外しました(笑)。なにをするかって?赤外線阻止フィルタをはずせば赤外線も撮像素子まで届くわけで、、、赤外線照明があれば暗視(監視)カメラに早変わり!!ってことです。まともに買うと結構な値段のする暗視カメラですが、思ったより簡単・安価にできてしまうんじゃないかってことで。
フィルタを外した後、実験的に真っ暗にした部屋で赤外線リモコンのボタンを押してみました。なんだか明るく映ります。思惑どおりです(笑)。さぁ、あとは赤外線投光器を。。。

  #  そういえば、ずいぶんと昔に買った赤外線LEDの
  #  ストックがあったよな。。。

2008年02月04日

_ 10年モノ

ひょっとしたらもっと長く使っているかもしれない電気髭剃り。最近、電源スイッチをONにしてもモーターが動かないことが多かったのですが、、、何のことはない、電源スイッチ部分の接触不良でした。電圧が低い(単3 Ni-MH 1本で駆動)回路、つまり電流が多量に流れるような構成だったので、ほんの少しの接触抵抗が非常に大きな邪魔になる、ってな理屈です。

接点部分をグラスファイバーのブラシできれいに磨き、元通りに組み立てると、ずいぶんと回転が軽くなりました。

# この髭剃り、すでに内部の電池も2回ほど交換してます。


2008年02月06日

_ 自動車税 +10%

登録初年度から13年を経過した普通車は、以降の自動車税が10%上乗せされるんだそうな。環境にやさしくないからだということらしい。→ 自動車税のグリーン化税制について

が、この件に関しては非常に納得いかない。リッター14kmも走る私のカリーナが、いったいどれほど環境負荷が高い、というのだ? 買ってから5〜6年でもう(走行距離に比べて整備の頻度が低すぎて)ガスケット抜けかけで街中で白煙上げながら走ってる営業車とか、ドライブシャフトのジョイントをカラカラ言わせながら走ってる整備不良のおばちゃんの軽自動車、あるいは、無節操にアクセルとブレーキのON/OFFを繰り返すような乗り方してたり、エアコン・ヒーターかけたまま駐車場で長らく駐車している(もちろんドライバーは寝ている)ような車のほうが、よっぽど燃費が悪そうだし、環境負荷も高いと思うんだが。。。

本気で「グリーン化税制」を掲げるのであれば、対象となる車に燃費のモニタリングと記録をする装置を取り付け、その内容によって税金を減額する(もちろん、取り付け費用は自己負担でも、しっかりエコドライブすれば取り付け費用を補って余りあるくらいの減税が行われる)くらいはやってほしいもんだ。

本日のコメント(全1件) [コメントを書く]

_ 戦う什器管理人 [個人的には従量税に加え 「馬力税」「トルク税」「DQN税」 を新設しガッポガッポ税収を増やすべきだと思う]


2008年02月09日

_ 燃料パイプに磁石

200802080451

ずいぶんと前に「燃料パイプに磁石を配すると、何やら燃費が良くなるらしい」と聞き及び、実験するにいたったわけですが、ここにきて「この手の燃費向上措置・商品に根拠なし」と公正取引委員会から排除命令が出されるにおよびました。

まぁ、私の場合は基本的に半信半疑ならぬ1割信9割疑、効果が出たらもうけものくらいの気持で壊れたハードディスクから取り出した磁石を付けていた程度のもで、費用的に損害なぞ無いに等しいのですが、これを信じて大枚はたいた人たちの心中や如何に…

あと、大々的に記事にしちゃった某自動車関係の雑誌各社の対応も気になるところ。メーカーの提灯記事書いて適当にやってるからこんなことになるので、自業自得ではあるのですが(笑)。


2008年02月11日

_ USBコネクタ交換

IMGP3454s IMGP3455s
IMGP3456s IMGP3457s
IMGP3458s IMGP3459s
IMGP3460s

ノートPC本体側のUSBコネクタ内部の破損事案。コネクタ交換です。

メーカー見積もりは当然のように「マザーボード交換」、御代は6万円だといわれ、びっくりして引き上げてきたものの、どうしましょってことで話が回ってきました。

たまたま同じ部品を使っている廃棄品のノートパソコンがあったので、それから部品を取り外して移植したのですが、、、壊れたまま使っているうちに、どうやらコネクタの直後にある部品(コイル)も壊して(焼損して)しまっていたようだったのですが、コネクタ交換直後にはそんな事には気がつかず。割と早く終わったなーと思いながら組み立てて、動作確認してみたら全然動かないことに気がつき、もしやってことで再度全バラする羽目に(苦笑)。

残念ながらコイルについては代替部品が手に入らなかったのでそのまま直結(笑)しました。動作確認したところでは正常に動いているようなので、こちらの口にはできるだけケーブルの類をつながないように(ノイズが乗らないように)注意して使ってもらうことにします。

ちなみにこのPC、電源コネクタの端子もはんだ割れしていたし、さらにはプラグ側は酸化して接触不良を起こしてました。もちろん、ちゃんと修理してます。


2008年02月16日

_ がんばれ、新聞記者

20080216 typo-1s

タイトルでの変換ミスはちょっと恥ずかしいものがあるけれど、夜遅くまで働いていて、、、頭も回ってなかったのかなぁ…2008年2月16日 午前7時20分ごろに確認しました。

本日のコメント(全1件) [コメントを書く]

_ おーうち [2月20日午前8時10分現在、修正されていない模様。誰も突っ込み入れないのか?]


2008年02月29日

_ 目つき悪い…

PICT0076s

よく見れば、猫の顔つきもいろいろだよなぁ。。。

某所駐車場にて。Webで使う写真を撮影してたら睨まれたので、思わず一枚。


2003|02|
2004|02|03|05|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|
2007|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|
2013|11|12|
2014|01|11|
トップ 最新 追記
Copyright(C) 2002-2008 おーうち