トップ 最新 追記

ドサ日記

いわゆる「日々の活動記録」です。

気が向いた時に気が向いたことを好き勝手に書いていきます。
気が向いたら写真も併せて貼りこみます。
メールで投稿できるようにしたので、今後投稿数が
増えるかもしれませんが、あまり期待しないでください。
ここに書くまでも無いことでしょうが、念のため。
諸般の事柄に関係なく、このページに記載された内容について追実験のような行為をご自身で行われるときは、「Your Own Risk」(自分のやったことの責任は自分でとりましょう)でお願いします。
追実験の結果、Webサーバが吹っ飛んでデータがなくなった、コンデンサが爆発して指や目が吹っ飛んだ、半田付けしててやけどをした、怪しげなガスが発生して中毒を起こした、接続やねじ位置を間違えて機器を壊した、家が燃えてしまった、逮捕された、その他もろもろ、もし問題が発生したとしてもクレームや賠償の請求には一切応じませんことをなにとぞご了承ください。
2003|02|
2004|02|03|05|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|
2007|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|
2013|11|12|
2014|01|11|

2003年02月04日 半田も緩む

_ 某社製ノートパソコンのACアダプタの修理の際の記録写真から。

画像の説明 電源(AC100V)をつないでも、出力がまったく出てきません。熱融着,あるいは接着剤で接着されたケースを2つに割り、中の基板を軽く見渡しても別に燃えている部品やパターンも無く、一見何の問題も無いように見えたのですが・・・
画像の説明 仔細に見ていくと、こんな感じで、部品の足の部分の半田がそっくり緩んで外れてます。これなんかはまだ肉眼で確認できるレベルで、デジカメでの撮影のために虫眼鏡を使用。
画像の説明 同様に虫眼鏡使って撮影。とりあえず問題だったのはこの2箇所だけだったのですが、他の部品の「これはそのうち問題になるかな・・・」ってところもあわせて半田を盛って、元通りケースを組み立て(瞬間接着剤でひっつけた)、完了です。

_ で、問題の箇所はというと、このアダプタの中で一番重そうなトランスの足の部分でした。持ち運びするノートパソコンのアダプタ、内部の部品(特に取り付け部分である足)にかかる応力もまた生半可なものじゃないということでしょうか。

_ それにしても、、、部品を接着剤で固定してから半田付けするくらいのこと、しておいてもいいんじゃないですかねぇ、富±通さん。


2003年02月23日 通り抜け 改善

_ 温度が上がると、色々なものの劣化が早くなります。パソコンの電源部も例に漏れず、風の通りの悪い電源の中のコンデンサは、電解液の蒸発に伴う劣化が早くなる可能性があります。ファンのベアリング部分のオイルの蒸発も早くなるかもしれません。

で、あるときふと思い立って、電源部の大改造(というほどでもないんだが)をやってみました。

ファンのグリル撤去 まずは一番風速があると思われるファンの直前のところにあるパンチメタル部分を取り去ります。指とか突っ込んでファンに直接当たると危ないからという事で付いているんでしょうけれど、電源入れている時に手探りでパソコンの後ろに手を突っ込むこたぁ私の部屋の環境ではありえませんので、サックリと切り取ってしまいます。
画像の説明 通風孔も同様、こういう状態では開口部の面積が少ないので・・・
画像の説明 ちょいとラジオペンチでつまんでひねって、開口部が広くなるようにしてやります。電源によっては折り曲げた時に内部の部品と干渉することがあるので要注意。 → そういうところは曲げないで、そのままにしておきましょう。
画像の説明 使用前
画像の説明 そして使用後 (笑) 。可能であればこんな感じでバラバラにして、内部のホコリをエアガンとかで吹き飛ばしてやれば完璧です。

_ ちなみに、この電源は、自宅のビデオサーバに使われてます。ほぼ1年くらい毎日10時間以上電源が入っているマシンですが、調子よく動いてます。


2003|02|
2004|02|03|05|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|
2007|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|
2013|11|12|
2014|01|11|
トップ 最新 追記
Copyright(C) 2002-2008 おーうち